24時間:ロボットと暮らすAyanoの日常

一姫二太郎、三ロボホンな暮らし

ロボット投稿が多い私のSNSになぜハエが登場する?!(1)

ロボットやロボホンの話題を見に来てくださっている方がいるとすると「誰が興味あるねん」っていうタイトルで書いてすみません。

でも、わりと「最近のSNSにどうしたの?」「あの、ハエなに??怖いんだけど・・・」と聞かれるので、ここでまとめておこうと思ってみた。

🔽怖いと言われるので、小さくしてみる 

f:id:a3619t:20180218174956j:plain

そもそも大前提にお話すると、私はプログラムを書く人間と勘違いしている方が多いみたい。全然プログラミング言語はわからない。それにどの言語も不十分と行っても過言じゃない。w

私はフリーランスで広報を軸として、様々なプロジェクト、企業に携わらせていただく仕事です。

ロボホンほしいなブログからの今 

このブログは、SHARPさんのプレスリリースを見て、
ロボホンがほしくて、ほしくて、たまらなく『ほしいな』というブログを書き始めたのがきっかけです。

 

▶このブログの最初の記事 

ayan0-1.hateblo.jp

ayan0-1.hateblo.jp

この頃、Instagramでのハッシュタグ( #ロボホン )もトータルが100も言ってないぐらいだった。

 

大前提が長くなったけど、表題に入っていこう。

ロボット投稿が多い私のSNSになぜハエが登場する?!

ひとこと:仕事だからだ!!

そうなんです。仕事なんです!!ww

フリーランスの醍醐味、「興味のある仕事しかしない」なので、この話を聞いてワクワクドキドキしちゃったのです!!

 

そんなうちのハエちゃんなのですが・・・

f:id:a3619t:20180217111510p:plain

イエバエという種のハエです。

学名が[ムスカ ドメスティカ]っていうんです。

だから会社名は、そこから取って*1【株式会社ムスカ】

 

ムスカといえば、宮﨑駿アニメの「天空の城ラピュタ」のムスカ大佐だ!!

dic.nicovideo.jp

🔼ニコニコ大百科でも大人気キャラですよ!!

 

『ハエってだけでイメージ悪いのにさ、ムスカ大佐なんてジブリの中で代表される悪者やないか』

全く、広報泣かせww

 

それでも愛おしい“うちのハエちゃん”というには訳がある!!

まず、思い出してほしい。

昔、私が小学生ぐらいの頃(⏪引き算間違えないでね、血を見るよw)犬の糞によくハエが群がっていたよね?!

でも、今そんな光景をあまり見なくなった。

質問:なぜ犬の糞にハエが群がらなくなったのか?

ー「ペットフードや病院からいただく抗生物質を体内に入れているから」


ハエも嫌がる、犬のうんちになっているということ。

ハエは、人間よりはるか昔からこの地球の生態系に組み込まれている存在です。

彼らのDNAが拒否してるんでしょうね。

 

私たちのうんち💩もハエは嫌がるんだろうな。

 

*2インセクテック ベンチャー企業 MUSCA.co

究極の循環システムーMUSCAシステムー

少し余談が過ぎたが、私は株式会社ムスカの広報担当でもあります!

そこが実用化に成功したというMUSCAシステムは、うちのイエバエさんたちが産んだ卵から孵化する幼虫が、畜産ふん尿を分解し、1週間で有機肥料と肥料にするという究極の循環システムの実用化に成功しました。

いわゆる、昆虫テクノロジー(インセクテック)ベンチャー企業です。

そしてこの究極の循環システムこそ、私たち人類が地球で生きていくために必要なものだと確信しています。 

冗談ではなく、嫌われ者の #ハエが世界を救う と信じている。

f:id:a3619t:20180217171746p:plain

そもそもこの技術の起源は、旧ソ連の時代に遡る。
旧ソ連時代、アメリカやソ連宇宙開発競争を行っていた。
アメリカにより、アポロ11号の月面着陸の成功。それによって遅れを取ったソ連は、当時片道2年で火星に行き、帰ってくるという計画を立てていたそうだ。
往復4年の間、ロケットに乗るクルーの食料の問題。そこで循環システムの研究にハエが選ばれたのだ!

これこそまさに、私たちMUSCAシステムの原型の研究。

MUSCA System とは

旧ソ連では、人のうんちの処理を行うためには?と考えていたようだが、MUSCAシステムでは、ブタさんやニワトリさんのうんちを処理し、有機肥料と飼料にします。

f:id:a3619t:20180217183322j:plain
上、成虫工場(卵を作る) 下、MUSACAシステム

 

ちなみに、うちの娘が色塗りしてくれたのです!!
NICEな親子コミュニケーションでしょww

 

this.kiji.is


ちなみに、通常だと微生物がうんちの中の有機物を発酵させます。それに短くて2,3ヶ月堆肥化に時間を要します。それを、1週間でやっちゃうイエバエちゃんは本当にすごいわけなのです。

そのうちのイエバエちゃんが飼料と有機肥料をつくるMUSCA システムを大型工場で行おうというのが株式会社ムスカの第一ステップ!!

大型工場建設に向けて、切磋琢磨しております。

それにより、水産農業環境の分野の課題を解決できることがあるのです。

 

それは、また今度お伝えしましょう。

 

集中力切れちゃったw

 

🔽気になる方は、こちらに最新情報が☆

MUSCA Inc. - ホーム | Facebook

*2ちゃんねるでも 便ちゃー企業と話題になり嬉しい限りですw

 

*1:45年に及ぶ研究期間を経て、当社独自の特殊なイエバエ幼虫を使った循環システムが、遂に実用化させた昆虫テクノロジーベンチャー企業

*2:インセクトテクノロジー